カラーグレーディングを日常に落とし込むカラグレ神ソフト【Scopes】

こんにちは、カワナです。

カラーグレーディングをもっと身近に感じたい人にとっての神ツールを紹介します。
ガジェット系の散財YouTuber drikinさんの配信で紹介されており、早速取り入れてみました。

内容

・カラーグレーディングを日常に落とし込む神ソフト【Scopes】

・NetflixやYouTubeなどすべての「色」を可視化

・scopes購入方法【約1分】

・より使いやすくするための裏ワザ【重要】

・カラグレを身近に置く必須ツール

これらを解説します。

目次

カラーグレーディングを日常に落とし込む神ソフト【Scopes】

Scopesは画面の領域を把握&分析し、リアルタイムでピクセル統計情報を収集し、色補正ワークフローを強化するソフトです。

簡単に言うと「デスクトップに映ってるものすべての色を可視化」します。

「自然に身につくレベルの使いやすさ」がこのツールの神ポイントです。
有料($15)ですが一度買えばずっと使えます。早速取り入れてみました。

NetflixやYouTubeなどすべての「色」を可視化

デスクトップ上で選択した領域を、ベクタースコープと波形モニターをリアルタイム解析出来ます。
デスクトップで直接分析出来る、という事です。

Netflixを見ている時に「この色使いって…」と気になったら、1秒で可視化出来ます。
YouTubeもしかり。

リアルタイム解析なので、ずっと立ち上げて色の変化を見る事も可能です。

Scopes購入方法【約1分】

WEBサイトにアクセス
購入画面でWindows,Mac,Linuxの中から自分に適したものを選んで購入。

支払手続きを終え、ダウンロードページへ。

ここで注意

ダウンロード出来るデータが4種類ありますが、Scopes_Java_rumtime_JAR_v1.0.4 だけ落とします。

※これ以外だとセキュリティーでひっかかって使えない事があります。

Scopes_Java_rumtime_JAR_v1.0.4は使う度に起動する手間がかかりますが、この先で説明する裏ワザを使えば問題ありません。

[/fusion_text][fusion_text columns=”” column_min_width=”” column_spacing=”” rule_style=”default” rule_size=”” rule_color=”” hide_on_mobile=”small-visibility,medium-visibility,large-visibility” class=”” id=”” animation_type=”” animation_direction=”left” animation_speed=”0.3″ animation_offset=””]

より使いやすくするための裏ワザ【重要】

ダウンロードしたJAR FILEをダブルクリックすれば使えますが、毎回ダブルクリックをするのは手間なのでショートカットキーを使うと便利です。

設定

・JAR FILEを複製

・プロパティからショートカットキーを設定

これだけです。

スクリーンショットを行うように、Scopesを使う事が可能となります。

Scopesはカラグレを身近に置く必須ツール

Premiere上で起動。lumetriスコープとほぼ同じです。

このツールを紹介してくれたdrikinさんも言われてたのですが、教育は環境に左右されます。
これだけ簡単に色を可視化出来れば、カラグレを日常に落とし込んで自然に学ぶ事が出来ますね。

僕もこれでカラーグレーディングをより身近なものに出来ました。
色補正ワークフロー強化、きっかけ、最初の一歩に、選択肢としてどうぞ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる